子育て、家事で忙しい主婦の皆様に習い事・通信講座をご紹介します。

がんばる主婦の習い事ナビ > 仕事につながる技能を磨く習い事! > テープライター養成講座(ガクブン)

仕事につながる技能を磨く習い事!

テープライター養成講座(ガクブン)

主婦に人気の在宅ワーク!
あなたもテープライターの技能を身につけてみませんか!

テープライターってご存知ですか?

よく雑誌などで、ある人のインタビューや対談の記事が載ってますよね。
インタビューや対談の時に録音された音声を、一字ずつおこしていく−
文章にしていく仕事をする人を「テープライター」といいます。

「テープ起こし」ともいわれます。

Wikipediaでは次のようにありました。

『テープ起こし(テープおこし)とは、
講演会議座談など録音したものを聴いて、その内容を文章に
直す
作業のこと、またはその作業を有償で請け負う職業のこと。
文章は
筆記したり、タイピングコンピュータへ入力する。
テープ起こしと同じ意味でテープリライトという言葉もあり混用されているが、こちらは
テープリライト社の商標であるため、商標を避ける場合には「テープ起こし」を用いる。
なお、テープ起こしを職業とする人は「テープライター」・「反訳者」などと呼ばれる。

 

このほかにも、「テープライター」は講演会や会議内容のテープ起こしでも必要とされます。

出版などマスコミ業界をはじめ、一般企業、地方公共団体など、
あらゆるところでテープライター技能者の需要が高まっているのです。


テープライターの資格って?

テープライターに資格というものはありません。
通信講座などで講座終了後に独自の資格を認定しているところも
ありますが、そういったものがなくてもできます。

Wikipediaでは仕事内容をさらに詳しく明記してありました。

依頼人から受け取った録音物(テープMDICレコーダーなど)を聞きながら文章に書き起こす。収録の段階から現場に同行する場合もある。

文体は依頼人によりさまざまだが、漢字にするか仮名で書くかなどの
言語運用は、
依頼人が指定する用字用語集の通りにすることがほとんどである。作業は大きくわけて、

1.「あっ」「えー」などの間投詞や「正直言って」「ちょっと」などの
くせ言葉といった清書の段階で削るべき言葉も残らず文字にする
素起こし

2.前項で挙げた読む妨げとなるだけの言葉を削るケバ取り

3.書き言葉として読みやすくするための整文

の3段階である。

これでイメージがわきましたか?

そして、どういった人が向いてるかですが、
上の仕事内容でも分かるように、「国語力」が必要とされるので、
「国語」が好きな人が向いていると思います。

例えば、1時間の対談を文字化することを想像してください。
慣れている人はどうってことないと思いますが、
そうでない人は、相当な根気と労力が必要になると思います。

「国語」が好きでなければ、はたまた、「知識や文書力を身につけるんだ!」といった信念・情熱がなければ、挫折してしまうのではないでしょうか。

ちなみに、テープ起こしの報酬は1時間もので1〜2万円が相場のようです。
これに最初は10時間かかるとしたら、パートのほうがわりがいいかも
しれませんね。でも慣れてくると家にいながらできる効率の良いお仕事になるのではないでしょうか!

まずは、内職というよりは、自己向上の気持ちを強く持っている人に
お勧めします。


おすすめの通信講座は?
 

ここでは、がくぶんの「テープライター養成講座」をご紹介します。

がくぶんの「テープライター養成講座」は原稿用紙の使い方から、句読点の符号、文章を書くときの決まりごとなど、プロとして活躍するための知識を基本からやさしく勉強できます。

雑誌や記事、記録のためのものなので、専門用語などを間違えずに書き取っていくことは大変ですが、この「テープライター養成講座」では、
様々な実習テープを使い、実践的に学べる内容なので安心です。


早い方なら3ヶ月と短期間で、技能が習得できます!

地方では、議会の記録文書のためのテープ起こしの仕事が回ってくる
こともあるそうですし、会議の内容を早く起こせるようになれば、
今、仕事をされている方も
今の仕事に役立ってくれることが多くあり
そうです。


がくぶんの「テープライター養成講座」は
3つのバックアップシステムがあるので安心です!

 (1)技能登録フォローシステム

講座修了後、技能認定試験で2級以上の技能認定者には、在宅ワーク
の仕事を募集している「日本職能開発振興会」にテープライターとして
技能登録できる資格が得られます。

「日本職能開発振興会」のHPをためしにみて下さい。

日本職能開発振興会のHPはこちら

(2)就業マニュアルの進呈

講座修了生には、テープライターとして就業する上で必要な知識や
ノウハウをまとめた「就業マニュアル」が進呈されます。
自分で営業をされる場合も戸惑いも少なく活動できるのでは!


(3)ケアスタッフへの電話相談

受講中の悩みや認定試験に関する問い合わせ、就業に関する質問
など、サポートセンターのケアスタッフに電話で相談できるのが
こころ強いですね。


知識と教養も身に付き、マスコミ業界を中心に活躍もできるテープライター技能を身につけてみませんか!

 

無料資料請求はこちらから

★知識と教養も得られる人気の在宅ワーク!>>>テープライター養成講座

bara2.gif