子育て、家事で忙しい主婦の皆様に習い事・通信講座をご紹介します。

がんばる主婦の習い事ナビ > 手作りに磨きをかけたい! > ドライフラワーアーティスト養成講座(日本園芸協会)

手作りに磨きをかけたい!

ドライフラワーアーティスト養成講座(日本園芸協会)

ドライフラワーの作り方を学ぼう!
あなたもドライフラワーのスペシャリストになろう!


 
ドライフラワーって何でしょう?

今、さまざまなフラワーアートがあります。
中でも、ドライフラワー、プリザーブドフラワー、ビオナチュレフラワーといった
アートが代表的なフラワーアートだといえます。


それぞれの特徴を簡単にご説明すると、

ドライフラワーとは
花や草を乾燥させて作る加工品のことをさします。
世界的にはオーストラリア、イタリア、アメリカが盛んな国です。
その歴史はもっとも古く、エジプトのピラミッドからもドライフラワーが
発見されています。
生花のような華やかさはないものの、作り方が簡単であることと、
保存方法も難しくないことから、日本でも人気の手作りアートのひとつと
なっています。

プリザーブドフラワー とは、花を美しい姿で長時間保存することが出来るように
専用の
溶液を用いて加工されるアートです
「プリザーブ」 (preserve) とは
英語で「保存する」を意味します。
ドライフラワーと異なるのは、花弁などの鮮やかさが生きた花と比べても
遜色がなく、触っても柔らかくて瑞々しいところでしょうか。
自然の花にはないブルーなどさまざまな色に染色でき、その美しさを何年も
楽しめる加工法です。
同様の処理を果実に加工するプリザーブドフルーツというものもあります。

ビオナチュレフラワーも、花を美しい姿で長時間保存することが出来るように
専用の溶液を用いて加工されるアートです。
触ると柔らかくて瑞々しいところがドライフラワーと異なり、
花の色や姿をより自然に近い状態のまま保存・加工するところが
プリザーブドフラワーと異なります。


どのフラワーアートも魅力たっぷり!
大好きな花を、また、記念となる花を、いろんなかたちで保存できたら
きっと素敵ですよね。




おすすめの通信講座(通信教育)は?

ここでは、日本園芸協会の通信教育「ドライフラワーアーティスト講座」を
ご紹介します。
ドライフラワーアーティスト養成講座」は、基礎となるドライフラワーだけでなく、
最先端テクニック、そして、プリザーブドフラワーも学ぶことができます。

ドライフラワーの作り方から、アレンジ法、ディスプレイ術、
ドライフラワー ビジネスのノウハウまで総合的に学べます。 
 

美しい色を長く保存させるテクニックやプリザーブドフラワーを使った、
新しいアレンジメントなど、最新のドライフラワーアートが学べます。 

自然乾燥法・シリカゲル法・電子レンジ法など、 ドライフラワーの
最先端テクニックも身につきます。

「ドライフラワーアーティスト養成講座」は、わかりやすいテキストにビデオ、
DVD教材つき! 
趣味として楽しみたい方から、プロとして活躍したい方まで充分満足 いただける
内容です。

 
華麗な趣味として楽しめるのはもちろん!
スペシャリストとしての活躍の場も広がる、ドライフラワー技術を
こちらの通信教育で学んでみませんか!


無料資料請求はこちらから
       ↓
    
ドライフラワー講座【日本園芸協会】




  mi2.gif