子育て、家事で忙しい主婦の皆様に習い事・通信講座をご紹介します。

がんばる主婦の習い事ナビ > 飲み物の知識に磨きをかけたい! > 紅茶コーディネーター養成講座(日本創芸学院)

飲み物の知識に磨きをかけたい!

紅茶コーディネーター養成講座(日本創芸学院)

紅茶好きのあなたにおすすめの
「紅茶コーディネーター資格」



紅茶コーディネーターってご存知ですか?

紅茶が大好きな人ってたくさんいらっしゃいますよね〜。
本場イギリスでは一日に数回のティータイムがあるとか。

今、日本でも紅茶専門店や紅茶教室がいっぱいあります。
ギフトの対象としても多く使われています。
お世話になっている人へ紅茶を贈って、喜ばれた経験をお持ちの方もいるのでは。
私も先日、百貨店の中にある紅茶専門店でギフトに紅茶を購入してきました。
その時、1人の女性アドバイザーが紅茶のことをとても分かりやすく、そして楽しく説明をしてくれたのが今でも心に残っています。
「私もあんな風に紅茶のことを語れたらな〜」と、ちょっぴりうらやましく思い
ました。
自分の好きな事柄を人に話せるのって、とても素敵ですよね。

そんなこんなで、日本でも日常生活の中で、紅茶との関わりが結構強くなってきているのが分かります。
興味のある人はこの機会に紅茶を勉強してみませんか!



紅茶の資格って?

紅茶に関連する資格としては、日本創芸学院が認定する「紅茶コーディネーター」と、日本紅茶協会が認定する「ティーインストラクター」があげられます。
今回、私が紹介する日本創芸学院の「紅茶コーディネーター」の資格は、
美味しい紅茶の入れ方、茶葉の選定、紅茶に合
うお菓子の作り方などを修得した
紅茶のスペシャリストであることを証明するものです。

日本創芸学院の「紅茶コーディネーター講座」を受講して、すべての課題に合格すると、『紅茶コーディネーター資格』を取得することができます。
ぜひチャレンジして、紅茶のスペシャリストになりましょう!

「紅茶コーディネーター」は、ワインのソムリエのように、お菓子やお料理に合った紅茶をアドバイスしたり、紅茶専門店や紅茶教室で茶葉の選び方や美味しい入れ方を指導したりと、活躍の場は多彩。
喫茶店の経営を考えている方なども、「紅茶コーディネーター」の技能は様々なシーンできっと役立つことでしょう。


資料請求はこちら→ 


 

お勧めの通信講座は?

日本創芸協会の「紅茶コーディネーター講座」をご紹介します。
ポイントは6つ!


“味しい紅茶をいれる、プロのテクニックが身につきます!
「紅茶コーディネーター講座」では、美味しく紅茶を飲むために、試行錯誤を繰り返して完成させたパーフェクトな紅茶を淹れる技術を、水の選び方から、適温、注ぎ方、蒸らしに至るまで細部にわたって解説しています。
「味がぜんぜん違う!」と実感できる、美味しい紅茶を入れるプロのテクニックが身につきます。


▲謄ーテイスティングの専門技能が修得できます!

ソムリエのワイン・テイスティングと同じように、紅茶の品質を鑑定するティーテイスティング。
同じ産地の茶葉でも生産農園によって微妙な差があるため、味のチェックには繊細な感覚が求められます。
「紅茶コーディネーター講座」では、専用の器具を使い、色、香りなどを判定していく専門技能を修得することができます。


C稷佞慮分け方、選び方が身につきます!

紅茶はダージリン、アッサム、ニルギリなど、さまざまな茶葉があります。
また、茶葉の形状と大きさを表すグレードによってオレンジ・ペコなど9つのタイプに分類されます。
「紅茶コーディネーター講座」では、紅茶を味わいながら学ぶことで、茶葉それぞれの個性を理解しその違いがわかるようにしています。


い気泙兇泙淵丱螢─璽轡腑鵐謄ーの作り方が学べます!

ミルクを使ったり、フルーツの果汁をしぼったり・・・
紅茶は、さまざまな素材との相性が抜群です。
「紅茶コーディネーター講座」では、アイスティーなどの基本的なバリエーションから、スパイス・ハーブ・リキュールを使った紅茶まで、多彩なアレンジを学べます。


ス斑磴帽腓Δ菓子や料理など、ティーフードもプロの腕前に!

美味しい焼き菓子やケーキなど、紅茶によく合うお菓子作りが学べます。
また、ティーパーティーなどのおもてなしにもぴったりな、紅茶の美味しさを引き立ててくれる料理の作り方も身につきます。


Ε謄ーパーティーのセッティングが身につきます!

紅茶文化のひとつのかたち― それがティ−パーティーです。
「紅茶コーディネーター講座」で、英国伝統のものから、アットホームなものまで、ティーパーティーのセッティングが学べ、本格的なティ−パーティーを素敵にコーディネ−トできるようになります。

 

さあ、あなたも紅茶のスペシャリストに!!
 

資料請求はこちらから

 

bara2.gif